型コロナウイルス (COrOnaVIrusDisease-19)

世界全域

コロナウイルスq.jpg
2019 / 12 ~
言わずもがな世界を恐怖に包み込んだ感染症

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、世界中で1,456万人以上の感染が確認され、60万人以上が命を落としている。危機は今なお続いており、紛争自然災害気候変動によって以前から人道危機に直面していた国や、医療体制が整っていない途上国、難民キャンプなどの密集した場所において、急速な感染拡大の懸念が高まっている。現在、世界の18歳未満の子どもの約77パーセント(18億人)が、COVID-19により何らかの移動制限を課している132カ国に暮らしている。移動が制限され、衰退する社会や経済の下で暮らす子どもたちは、暴力虐待ネグレクトの被害を受けるリスクが高まっていることに加えて、女性や女の子は、ジェンダーに基づく暴力性的暴力のリスクが高まっている。難民、移民、国内避難民の子ども、帰還者は、サービスや保護へのアクセスが低下し、外国人への嫌悪や差別にさらされる機会が増えている。(「Unicef」から)

急激に感染者が増加すると、病院機能が麻痺し、医療崩壊につながる恐れがある。最も深刻なの問題は人工呼吸器の不足だ。人工呼吸器が不足すると助かる命が助からなくなってしまうためだ。また現在は、無症状や軽症であっても、感染病棟に入院することが多く、重症者を受けいる余裕がなくなっている地域もある。院内感染等で病院が休止されると、救命治療にも影響が及び、心筋梗塞や交通事故など、ウイルスと関係のない患者さんの対応にも影響が及ぶ。感染拡大のスピードを遅くし、医療体制を整備する必要がある。

​そして、COVID-19の感染拡大で気を付けなければならないことはデマもあげられる。メディアが発している情報やインターネットに出回っている情報が必ずしも正しいとは限らないということを頭に入れて生活していく必要がある。

クリップボードを持つ男
2019 / 12 ~
正しい情報の選択をしましょう
Image by Kat Yukawa
寄付する