ヨーロッパ・地中海難民.jpg
2015 / 09 / 09 ~
危険な逃げ道しか生き延びる方法がないのです

シリア紛争から逃れる多くの難民が地中海をわたり、ヨーロッパ・地中海危機が訪れている。今現在もリスクを冒して地中海をわたりヨーロッパをめざす人はあとを絶たない。難民を乗せた船が乗員を大幅に超過して転覆するなど多くの犠牲者が出てる。過去最悪となった2016年に続き、2017年も、17万1,332人危険な航海を強いられ、死者・行方不明者は3,081人にものぼっている。特に、北アフリカからイタリアやスペインに逃れてくる人の数は増え続けている。
アフリカの難民は、紛争、暴力にさらされる周辺国から、情勢的にも経済的にも比較的安定しているとされているリビアに逃げて生計を立てようとする。しかし、逃れてきた人々は
搾取暴力の対象にされやすく、誘拐される人もいる。このような避難先での命を落としかねない状況から逃れるために、多くの人が命をかけてヨーロッパを目指して海を渡るのだ。(「Yahoo!ネット基金」から)

ーロッパ・地中海 難民危機

ヨーロッパ・地中海沿岸

2018年11月6日、スペインの海岸で約17人が死亡したと見られ、同年に地中海で失われた命は2,000人を超えた。​また、ギリシャには保護者のいない2000人の子供が留まっており、多くの子供は特化した支援を受けられる専用の仮設住宅で暮らしている。その子供たちは拘束されることを恐れ、難民登録しようとしないこともあり、助けをもらえない子供もいる。今どのような状況に立っているかわからない子供が何をすれば良いかわからずに周りに合わせてヨーロッパを目指すことも多い。今もなお、リスクを冒して地中海をわたり、ヨーロッパを目指す人は後を絶たない。(「UNHCR」から)

平和2.jpg
2015 / 09 / 09 ~
保護者のいない子供たちも終わりのない旅をしています
Image by Kat Yukawa
寄付する